TOP採用情報 › 先輩社員の声

先輩社員の声

新しい事業部を立ち上げることが将来の夢

橋本 秀一 写真

業界にこだわりはなかったのですが、とにかく「モノづくりをしたい」という思いで就職活動をしていました。当社の説明会に参加した時、社長が「プロとしてどこでも通用する人間がほしい」と話されたんです。元々、自分がなりたいと思っていた社会人像と一致。
「この会社には縁がある!」と感じて入社を決意しました。

現在、工業用ファスナー開発に所属し、工業用ファスナーの新商品の開発・販売を担当。
建築関係や自動車メーカーなどのお客様から様々なニーズや情報を収集し、開発メンバーと一体になって「モノづくり」に携わっています。また、そこから生まれたアイデアの特許申請も任されています。

普通の営業(販売)とは違うプラスアルファ(商品開発)の部分が、この仕事の一番の面白さ。学生時代からの夢が叶って、日々やりがいを感じながら業務に取り組んでいます。

今後の目標は、当たり前のことですが一つひとつの案件をきちんと成功させたいということ。そして将来は、新商品開発だけでなく、新しい事業部を立ち上げて何か新しいことにチャレンジしてみたいですね。

住建営業部
橋本 秀一

やりたいことにチャレンジできる会社です!

阿部 雅史 写真

私は2005年、営業から開発部に配属されました。お客様のニーズを拾ってきてそれを開発してもらう立場から、逆にカタチにしていく立場になったのです。

新商品が誕生するまでの流れは、まずお客様や営業担当者が抱いている商品のイメージを掴み取るところからスタート。それを他の開発メンバーに伝えて複数のアイデアを出し、今度はそれらを営業担当者にフィードバックして意見をもらいます。

開発する商品の方向性が決まると、その後は色、形、材質、機能などを選定するためにトライ&エラーを繰り返しながら開発を進め、数種類もの試作品を製作。そのような地道な努力の末ようやく量産にこぎつけるのです。

漠然としたイメージをどんどん具体的なカタチにしていく過程は楽しいもの。そして、何よりも完成品を手にした時の達成感は大きいですね。若井産業では、自分のアイデアを盛り込んだ商品開発など、やりたいことにどんどんチャレンジさせてもらえます。決まりきった仕事の繰り返しではなく「色々なことをやってみたい!」という人には居心地は抜群。ココには仕事を通して自分を成長させるチャンスが満ち溢れていますよ。

住建営業部
阿部 雅史

新たなモノを創りあげていく喜びは格別

土井 康平 写真

理系出身なのでモノづくりには当然興味を持っていたのですが、同時に営業もやってみたいと思っていました。そんな時に就職サイトで目にした若井産業の”開発型営業”という職種に惹かれてセミナーに参加。先輩社員の方と話をするうちに、明るい社風や仕事の楽しさが伝わってきて、「面白そう!」と思い、迷わずこの会社に決めました。

現在は、大手ハウス・建材メーカーなどに、建材用ネジや当社で特許を取得している特殊なナットなどを販売しています。商品は基本的にオーダーメードなので、お客様のニーズを把握して、最適な商品をこちらから積極的に提案していくことがポイント。定期的に東京・福岡・四国・名古屋エリアの約30社の取引先を訪問して、お客様のニーズを掘り起こしています。

出張から戻ると図面を描いたり、見積りをしたりと1から10まで自分でしなければいけないので大変ですが、自分で新たなモノをつくりあげていくというところに大きな喜びとやりがいを感じています。

新しい知識を常に必要とする仕事なので、インターネットや業界雑誌・新聞などを駆使して、いろいろな情報に目を配るようにしています。”失敗して学べ”という恵まれた環境の中、画期的なヒット商品を生み出すことが当面の目標。もちろんお客様のニーズが第一優先ですけれど…。
本社金物営業部
土井 康平

入社1年目から新商品開発にチャレンジ!

森 正樹 写真

入社後すぐに配属されたHI営業部で、ホームセンターのルート営業を担当しています。訪問先のホームセンターでは、単に商談するだけでなく月に1、2回は実演販売も行っています。

実演販売のメリットは、自社商品の販促活動ができることと、エンドユーザーの声を聞くことができること。入社1年目だった私が、新商品「フォトクリップ」の開発にチャレンジできたのも、実演販売でお客様のご要望を聞いたことがきっかけでした。

開発担当者と常に連携を図りながら数々の問題をクリアし、無事に商品化にこぎつけた時の感動は言葉にできないほど。とにかく無我夢中でしたね。
おかげさまで「フォトクリップ」を展示会にも出品し、大きな反響を得ることができました(笑)。

このように、入社して間もない新人にでも、ビッグチャンスを与えてくれるのが若井産業のすごいところ。
受け身ではなく、良い商品を開発するためなら、先輩と対等に意見を交換し合えるので、仕事をしていて充実感が味わえます。これからもずっと自分の夢をカタチにしていける。若井産業はそんな希望が持てる会社です。

開発部 企画開発室
森 正樹